32歳になると、20代とはほんと違うと実感

20代のころは感じなかった痛みを感じます。

 

残業続きても、眠気はあったものの身体が痛いなどはなかったですね。

 

30歳を越したころからドォっと痛みがきますね。特に腰、肩です。

 

パソコンを活用した仕事をずっとしておりますが目の疲れはあるものの肩こりを感じることなかったです。

 

目から肩にかけて固まった感じの痛みは完全に疲れの固まりですね。

 

続いて腰、、腰は学生時代のスポーツにて痛めたことありましたがその痛みずっとある感じですなにか重いものをもった時に感じる痛みがずっと残るかんじです。

 

休みの日にゆっくりしてても痛みがあり逆に痛みをカバーするために痛みが広がるかんじですねーなんか対処法ないかと悩んでいました。

 

20代の頃は、先輩などがおしゃってた疲れが取れないというワードは本物なんだなぁっと今は気づかされていますね。

 

疲れなんて寝れば取れるし疲れ知らずの若い頃羨ましいかぎりです。

 

本当にこの疲れがとれるものあればいいなぁと常々思ってます。

還元型コエンザイムQ10を飲んで子供の運動についていく

子供が5歳なんですが。
運動会などで動いたり行事毎に参加することが毎週のようにあり子供の習い事のスポーツには毎回私いっています。

 

そんな中やはり子供からしたら一番見ているのは私の姿だと思うんですね。

 

恥ずかしい思いをさせることもできないですし、逆の立場からしても親が動けない。。

 

疲れて座っているなどしていたらショックですしね。

 

無理して動くそんなことをしておりましたが仕事でも疲れがたまり週末で子供の行事毎と、動くことに関しては休みなし。

 

そんな中で私を救ってくれたのが「還元型コエンザイムQ10」でした。

 

疲れの溜まった身体を癒してくれ体内からパワー身体の隅々へと与えてくれます。

 

私の必需品です。

 

週末のゆっくりしたい時間は以前は寝たいなど思っていましたが、今では子供のまだまだ遊びたいという感じです。

 

また仕事でもあまり動きたくなく車移動が多かったのですが自転車や近場であれば徒歩で行きます。

 

その分行動範囲もひろくなり仕事捗ってます。仕事とプライベートの支えです!